葬儀へ行く前にする事

葬儀への案内状について

トップ / 葬儀への案内状について

葬儀の案内状について

死去の事実と日程(日時と場所)を簡潔に記します。しかし昨今では案内をメールやFAXで通知する方法も主流になってきました。社葬や本葬などの葬儀では日程にも余裕があるため案内状でご案内しますが、一般的には緊急を要するため電話連絡と同等に失礼にはあたりません。その際地図を添付すると親切です。また、案内状に句読点がないのはかつて筆で縦書きしていた時の名残です。遠路態々(えんろわざわざ)辱うし(かたじけのうし)拝趨(はいすう)乍ら(ながら)など、現代の口語文では使用しない言葉を葬儀に関する文面において使う場合があります。

親しい方、見送ってもよいか

親しい方の訃報、通夜や告別式の案内はないけれど駆けつけてよいものか。ちょっと考えてしまいますね。社葬等は別として、そもそも葬儀に案内状はありません。案内状を作っている時間などないからです。家族がなくなった場合、身内の人間が親戚や会社、ご近所の方に連絡を入れます。大体の場合、そこから連絡が回ってきます。あなたが弔問したいと感じた場合、駆けつけてもよいのです。葬儀に参列するということは、気持ちの問題なのです。参列しようかどうか、考え込んでしうまう場合、ご遺族に連絡を取った上、後日に弔問に行くという方法もあります。

葬儀のマナーの情報